日本で最初の鮭の博物館 イヨボヤ会館

イヨボヤ通信blog

塩引き道場が始まりました!

2018年11月16日

昨日より今年度の塩引き道場が始まりました。

今年は予想外の鮭の大不漁により例年より早く予約受付を締切らざるを得ず、一部の受講希望者の方々には大変ご迷惑をお掛け致しました。

謹んでお詫び申し上げます。

 

締切り前までにご予約下さったお客様の分は何とか良い鮭を揃えて、今年も村上の誇る伝統の技を心を尽くして広めていきたいと思います。

 

written by 職員H

「鮭魂祭開催記念 感謝祭」大成功でした!

2018年11月14日

先日の鮭の日イベント「鮭魂祭開催記念 感謝祭」にお越しくださった皆様、ご来場誠にありがとうございました!

今年は日曜だったことに加えお天気にも恵まれて、市外・市内ともに本当に大勢のお客様にご来館いただきました。

 

村上市民の方に鮭の日と郷土の鮭文化への意識を高めていただく目的で開催し「市民限定イヨボヤ会館無料開放」でしたが、「地元に住みながらもイヨボヤ会館に入ったことがなかった」という方々も今回複数ご来館いただいて、非常にやった甲斐があったなと思います!

 

私個人としましては館内で開催した「鮭の日スタンプラリー」の企画・準備の担当だったので、当日沢山のお客様がスタンプを探しながら楽しそうに館内を巡って下さっているのを見て、とてもとても嬉しかったです(^∇^)

 

皆様に鮭の日と鮭魂祭を知っていただき、鮭シーズンのイヨボヤ会館を楽しんでいただけて、今回のイベントは大成功だったと思います。

 

ご来場くださった方々に心より御礼申し上げます!

今後とも村上の鮭とイヨボヤ会館をよろしくお願いいたします(^O^)/

 

 

鮭魂祭の神事(お祓い:藤基神社様)

 

 

越後村上三ノ丸流鮭塩引き道場 道場主の高橋市長

 

道場看板の掲揚

 

塩引き道場の師範による越後村上三ノ丸流塩引き鮭作り実演(1回目)

 

 

こんなに見物の方が集まりました!

 

郷福堂さんによる鮭の酒びたし加工実演

(郷福堂さんには、イヨボヤ会館が製作・販売を行っている酒びたしをいつも切っていただいています。)

 

鮭汁の振る舞い。因みに上の長蛇の列は鮭汁待ちの様子です。とっっても大人気でした!

 

塩引き道場の師範による越後村上三ノ丸流塩引き鮭作り実演(2回目)

 

鮭の日スタンプラリーの様子。特に家族連れの皆様に好評でした。

 

written by 職員H

発眼卵になりました!

2018年11月09日

現在1階の鮭のミニ孵化場で展示中の鮭の人工授精卵のうち、最初に展示した10月19日採卵の卵にが見えてきました!

このような状態に成長した卵のことを「発眼卵」と呼びます。

まだ今は目をよ~く凝らさないと見つけられないくらいなのですが、これから徐々に徐々にハッキリしてくると思います(^^)

written by 職員H

豪華景品!

2018年11月04日

鮭の日の感謝祭で開催予定のスタンプラリー、遂に賞品が決まりました。

いろいろと職員で話し合った結果、やっぱりに鮭の日にこれがなければお話にならない!!ということで、思い切って特賞を塩引き鮭1尾丸ごとに決定しました!!!!

ポスターに載せた「豪華景品」という言葉を裏切らぬよう、出来うる限り精一杯豪華にさせて頂きました!

当日入館料無料になる村上市民の皆さんは勿論、市外からお越し予定の通常入館者の皆様も、11日は館内で是非スタンプラリーにご参加下さい(^O^)/

written by 職員H

文化の日は村上の鮭文化!

2018年11月03日

今日11月3日は文化の日ですね。

この度、村上の鮭文化をアピールするのぼり旗を新たに制作しました!

「鮭恵比寿」(鮭の町村上では恵比寿様も鯛ではなく鮭を抱えます(゜o゜))と呼ばれるこの地域伝統の絵図をデザインにあしらい、11月11日の「鮭の日」をPRしています。

 

 

 

鮭の日には当館でも感謝祭イベントを開催予定♪

※イベント詳細はコチラをご覧ください(リンク先が開きます)

 

現在着々と準備が進んでいます。

館内で当日限定開催予定のSNS連動スタンプラリー、かなり豪華な景品が出せそう!?です(>_<)

続報を乞うご期待です!

 

 

と~っても長い歴史を持つ村上の鮭文化。

文化の日ということで、私も今日は改めてその奥深さに想いをはせようと思います。

written by 職員H

種川の鮭!

2018年10月30日

種川の鮭です。

カナとメナ(村上の方言で鮭のオスとメスの意)でペアになって泳いでいました!

 

産卵のため、鮭はまず産卵床と呼ばれる穴を川底に掘ります。

この穴を掘るのはメスの役割です。

メスは尾ビレを使い、砂利を約20cmの深さまで少しずつ少しずつ掘っていきます。

その間つがいのオスはメスに寄り添い、他のオスが近付かないよう周囲を見張り、時には争います。

 

写真のつがいのメナも、産卵床を掘っている最中でした。

お越しの際には産卵の瞬間だけではなく、そこに至る鮭たちの努力も見ていただけると、より感動が深まりますよo(^-^)o

written by 職員H

三面川の鮭漁が始まりました!

2018年10月22日

昨日21日から三面川で、居繰り網漁&ウライ漁が始まりました!

※伝統漁法の居繰り網漁について詳しくは、コチラをご覧ください。(リンク先が開きます)

 

また同日午前中、漁の安全と大漁を願う「安全大漁祈願祭」が川岸にて開催されました。

三面川の漁協の方たちと一緒に、今年の鮭漁の安全と大漁をお祈りしました。

 

今年も三面川の恵みが豊かでありますように(^^)

written by 職員H

第18回さけの森林づくり活動開催!

2018年10月13日

10月13日(土)三面川の源流域(朝日スーパーライン沿い)で、ブナの補植・植栽などを行いました。

この活動は、三面川がいつまでも、豊かな状態を維持していくため、そして、多くの鮭が遡上してくるように、毎年、開催している活動です。

一般・緑の少年団合わせて80名以上の参加者で活動を行いました。いつまでも、豊かな三面川を保っていくことを願い活動しています。

今年も、三面川には、鮭の遡上が始まっています。

 

written by 館長

鮭(成魚)の展示始まりました!

2018年10月08日

地下生態観察室の人工河川※にて、 三面川本流で捕獲された鮭を搬入・展示を開始しました。

※生態観察室の人工河川とは、水路を利用した大きな生け簀のようなものです。

現在、昨年館内でふ化した稚魚の展示と共にご覧いただいています。

今年も異常気象が続く中、帰ってきてくれてありがとう!と鮭たちに心から感謝です…!

 

三面川分流・種川の鮭の遡上時期は本流から少し遅れて始まるので、あともう数週間先かと思われます。

種川に設置した観察窓から自然遡上の鮭が見えるようになりましたら、またあらためてここでお知らせしたいと思います。

乞うご期待下さい!(^O^)/

written by 職員H

お掃除日和!

2018年10月03日

今日の村上は爽やかな快晴が広がり、イヨボヤ会館では職員がお掃除に精を出しました。

いよいよ来月に迫った道場の清掃、9月末で無事終了したエサやり体験の特設プール撤収、花壇の片づけなどなどなど…

鮭の時期も間近、イヨボヤ会館が一年で一番賑やかになる季節も間近です(^O^)/

 

written by 職員H