日本で最初の鮭の博物館 イヨボヤ会館

イヨボヤ通信blog

人工河川は鮭稚魚の大群!

2019年05月24日

現在、地下生態観察室の人工河川(鮭公園内の水路を利用した生簀)では、昨冬誕生した鮭稚魚の展示を行っています。

今年の稚魚たちも迫力のある大群に成長してきました!

向こう側の壁がほぼ隠れて見えないくらい大量の稚魚たちが、群れになって一斉にぐわっと泳ぐ瞬間は圧巻の光景です。

 

先月三面川へ放流した稚魚たちは今頃もう大海原へ泳ぎ出している頃。

このコーナーの鮭たちは観察のため特別に放流せず展示を続けます。

この時期の鮭稚魚というのは自然界ではなかなか人間と出会うこともないので、実はかなりレア!

今の季節のイヨボヤ会館では、一押しのコーナーの一つです(^O^)/

written by 職員H

武平治がG20に参加してきました!

2019年05月16日

先週末11日・12日に新潟市の朱鷺メッセで開催された「G20 新潟農業大臣会合」のに合わせて行われた展示会に、イヨボヤ会館の青砥武平治が参加してきました。

この展示会は日本の自治体や企業による農業水産関係の取り組み等をPRすることを目的としていて、武平治は村上が世界に誇る「村上の鮭文化」を市役所の職員さんたちと一緒にPRしてきました!

 

ブースのテーマは「鮭の資源管理と利用」

イヨボヤ会館から持って行った一部展示物や、本物の塩引き鮭を利用しての軒先での干し上げ風景再現等を行いました。

G20関係者をはじめブースを訪れた方々は、本物の塩引き鮭を間近で見て驚嘆され、村上の鮭文化について大変興味を持って下さったそうです。

また、村上を代表するSAMURAI・青砥武平治の姿も海外の方に非常に好評で、塩引き鮭と武平治と一緒に記念撮影も沢山とっていただいたということです!

 

 

 

特産品「鮭の酒びたし」の試食

 

 

江戸時代青砥武平治(本物)が考案した種川での鮭の自然ふ化増殖の成功は、カナダで初めて鮭のふ化場が建設される140年以上も前のことであり、世界に先駆けた当時としても画期的な事業でした。

資源をただ消費し尽くすのではなく保護しながら共生し、長く持続していく中で独自の文化を花開かせていくという村上と鮭の関係性は、現代の環境保護の流れを先取りした世界的に見ても大いに誇るべきシステムだと思っています。

今回のように世界の人へ向けて村上の鮭文化をアピールできる機会をもっともっと増えていったら嬉しいですね。

武平治(イヨボヤ会館の)もグローバル化の波に乗って目指せ世界進出!(^O^)/

written by 職員H

GWありがとうございました!

2019年05月07日

あっという間に年号をまたいでの更新になってしまいました。GWは本当に大勢のお客様にご来館頂きまして誠にありがとうございました!

いや~十連休の威力はすごい!

好調だった去年を更に大幅に超える有料入館者数で、館内がまるで鮭の遡上時期のように賑やかでした。

加えて今年は天候が際立って崩れることがなかったので、イヨボヤ会館を含め村上市内の観光をより沢山の方に楽しんでいただけたのではないでしょうか。

今回はGW中の様子をまとめてお伝えしたいと思います!

 

5月1日 天皇・皇后両陛下御即位慶祝事業

新たな皇后陛下雅子様の父方のご実家小和田家は村上藩家臣の家系であり、雅子様ご本人の本籍もご成婚の折除籍されるまで村上市におありでした。

そのことから村上は「雅子様ゆかりの地」といわれており、市の花はまなすが雅子様のお印に用いられていたりします。

ですので5月1日の天皇皇后両陛下のご即位は、村上にとってまさに慶祝行事!

イヨボヤ会館とおしゃぎり会館他三の丸スポットでは、市の慶祝事業の一環で当日限定入館料がオール無料になりました。

結果一日の入館者がなんと千五百人越え!昨年11月の鮭の日記念無料入館の倍を優に超えるご人数の皆様にご入館いただきました。

また、当日は限定配布でこんな感じの記念カードを配らせていただきました。

ご覧の通り裏面がスタンプ台紙になっているので、館内のスタンプコーナーには記念にスタンプを押される方々を列を成し……あんなに混んでいるスタンプコーナーは初めて見ました(^^;)

 

近隣に住みながらもなかなか機会がなくて中を見たことがなかったという市民の方にも楽しんでいただけたようで、「鮭の時期にまた是非来たい」と言って下さった方もいて大変嬉しかったです!

 

 

その日の夜は市内でおしゃぎり(村上大祭で曳き回される山車)の慶祝巡行があったり、ちょうちん行列があったり、慶祝花火の打ち上げがあったりと、町中が終日賑やかで華やかなお祝いの日でした。

 

 

5月3日 2019鮭公園お花見DAYSスペシャルイベント

4月5日から始まった「2019鮭公園お花見DAYS」のフィナーレを飾るスペシャルイベント!イヨボヤ会館の春の一大イベントです。

恒例の「イヨボヤ☆フリーマーケット」に加え、今年はメガミュージアム実行委員会さんの共催させていただき、「東日本大震災復興支援 メガミュージアムinイヨボヤ会館」という屋外音楽ライブも開催しました。/p>

ここ数年の中でダントツの素晴らしいお天気に恵まれ、晴れ渡る青空のもと沢山のお客様にご来場いただきました。

ライブ出演者の皆様のパフォーマンスもそれぞれすごく素敵で、おじいちゃんおばあちゃんから小さな子供さんまで皆様とても楽しそうに連休の一日をイヨボヤ会館の内外で過ごされているのが印象的でした!

 

 

5月1日~5月5日 わくわくつり体験

今年のGWは毎日とってもいいお天気!ということで、小さなお子さんでもできるイヨボヤ会館の恒例のプチアウトドア、盛況でした!

プールの四方が満杯になるほどの賑わいで、イヨボヤ会館の受付窓口にいても、外から皆さんの楽しそうな歓声が聞こえてきました。

 

つり体験は次は夏、7月27日開催予定の「イヨボヤ会館サマーナイトミュージアム」にナイトつり体験として登場します。

さらに夏休みのお盆期間(8月10日~12日)にも開催しますので、お楽しみに!

 

 

 

以上、こんな感じで賑やかに始まった令和元年のGWの様子でした!

繁忙期を終えても気を抜かず、令和の時代も一人一人のお客様へ丁寧にご対応していきたいと思います(^O^)/

written by 職員H

「にこにこエサやり体験」開始間近です!

2019年04月23日

今年もイヨボヤ会館前に特設プールを設置し、川魚のエサやり体験を開催します。

本日プールの中にニジマスを放しました!

エサやり体験について詳しくはコチラから(リンク先が開きます)

 

メダカや金魚などと違って川魚にエサをやる機会というのは日常の中でなかなかないのでは!?

イヨボヤ会館へお越しの際には是非遊んで行ってください。予想以上の迫力で食いついてきますよ(^O^)/

written by 職員H

TVで取り上げていただきました!

2019年04月19日

昨日18日、読売テレビ(関西エリアのみ)で16:47~放送の情報番組「かんさい情報ねっと『ten.』」「アナタの味方!お役に立ちます!」というコーナーで、村上市をPR&イヨボヤ会館を紹介していただきました!

放送内容について詳しくはをこちらご覧ください ⇒ 「アナタの味方!お役に立ちます!」公式ページ(リンク先が開きます)

 

視聴者の様々なリクエストに芸人の浅越ゴエさんがリポーターになって答える内容のコーナーだそうで、なんと「愛するわが町PR!新潟県村上市をPRして!」という依頼が視聴者の方から寄せられのだそうです。ご依頼してくださった視聴者の方に感謝を禁じ得ません!(TOT)

 

 

放送が関西圏のみなので村上では視聴できなかったのが残念ですが、お陰様でとても良いPRになったのではないかと思います。

格安航空ピーチの影響もあり、最近関西からのお客様が増えている気がします!また、ありがたいことに関西のメディアがイヨボヤ会館を含めた村上市を取り上げて下さる機会も最近多いと感じます。

この間関西圏で観光商談会も開催されて館長が行ってきましたが、これを好機に目指せ関西の地に村上ブームメント!ですね!(^O^)/

written by 職員H

鮭公園の桜が見頃です!

2019年04月18日

鮭公園の桜が見頃です!

今日の様子ではソメイヨシノは満開、しだれ桜は八分咲き、その他の桜はもう少しといったところでしょうか。

濃淡の違うピンクの競演が、豪華絢爛に公園を彩っています。

 

ここ数日とてもいいお天気で、芝生にシートを広げてお花見されている方も複数いらっしゃいました。

written by イヨボヤ通信blog

鮭公園の桜が開花しました!

2019年04月14日

「鮭公園お花見DAYS」開催中の鮭公園で、ソメイヨシノが開花しました!

今日一日暖かかったので、グッと進んで今は大体三分咲き位でしょうか。

 

 

また、今日はイヨボヤ会館前広場と鮭公園をお貸しして、「むらかみマルシェinサーモンパーク お花見マルシェ」(むらかみマルシェ実行委員会 主催)が開催されました。

「お花見マルシェ」の名前の通り開花のタイミングともピッタリ、さらに天候にも恵まれてとても賑やか&華やかなお花見マルシェでした(^^)

 

マルシェご参加の皆様一日お疲れ様でした!

 

written by 職員H

三面川で鮭の放流式が行われました!

2019年04月12日

本日12日、三面川のふ化場前で鮭稚魚の放流式が行われました。

 

関係者による神事・式典の後、市内6校の小学生を中心に約5万尾の稚魚を放流しました。

この5万尾の中には、昨年度イヨボヤ会館が市内小学校や観光施設にお預けし、それぞれの場所で大切に育てられた稚魚も含みます。

小学生たちによって自然界に放たれると、初めての川の流れに戸惑いながらも懸命に泳ぎだす稚魚たち。

子供たちはそんな稚魚の様子をじっと見つめながら、暖かく声を掛けて見送っていました。

 

三面川での稚魚の放流は2月上旬から行っていて、総数にすると今年は約920万尾の鮭稚魚を放流しました。

少しでも多くの鮭が立派に成長し4年後の三面川に帰ってきてくれることを、願ってやみません。

 

 

式典の様子

 

花角県知事にもご出席いただきました

 

 

放流する鮭の稚魚たち

 

 

 

武平治も一緒に放流しました。

 

元気に育ってね。いってらっしゃい!

 

written by 職員H

桜の開花までもう少し!

2019年04月08日

鮭公園のの今日の様子です。

ガクのところが伸びてきて柔らかそうな花びらがのぞいてきました!

あと何日で開花するか…待ち遠しいですね(^^)

 

現在鮭公園では春の恒例イベント「2019鮭公園お花見DAYS」を開催しています。

詳細はコチラをご覧ください。(リンク先が開きます)

 

様々な種類の桜が植えられている鮭公園は、ソメイヨシノから始まり枝垂桜、八重桜と、長い期間お花見が楽しめる市内有数のお花見スポットです。

お天気の良い日には鮭公園でゆっくりまったりとお花見。

私も今の内から楽しみです(^O^)/

written by イヨボヤ通信blog

「にいがた『なりわいの匠』」認定されました!

2019年03月29日

当館で毎年11月~12月に開催している塩引き鮭作りの講習会「越後村上三ノ丸流鮭塩引き道場」の指南役師範7名が、地域に伝わる料理法を高度な技術によって守り伝える指導者として、新潟県知事から「にいがた『なりわいの匠』」に認定されました。

「にいがた『なりわいの匠』」については、こちらをご覧ください↓↓

県HP:「にいがた『なりわいの匠』」とは(リンク先が開きます)

 

村上が世界に誇る鮭文化を未来へと繋ぎ伝えていく使命、これからも精一杯務めさせていただきます!

 

 

 

 

「越後村上三ノ丸流鮭塩引き道場」について詳しくはこちらからどうぞ。(リンク先が開きます)

※開催日時・料金等は昨年度のものになります。ご注意ください。

 

written by 職員H